忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

独立行政法人とは、税金泥棒部隊

民に出来ることは民にさせなさいと昔小泉などが騒いだそれで、公務員をなくした、それで何が変わったか。負担が変わったのです。国民が税金ではなく直接奪われる方になった、大学などとんでもないことになってる、しかも、日本国民が学ぶなら何の援助も国は与えません。しかし外国人なら25万円か15万円を日本政府から与えられるのです。
しかも、返さないで良いのです。東大が、9月に入学になるといいました。
他の大学もそうなるのです、何でもいいから奪えば良いのです。大学の教授の給料も上げ放題しかも外学生なら日本政府からも海外の工作員なら技術が得られるならいくらでも出します。核兵器を作りたいのですから。
この民に出来るが、この前国会で問題になった、年金基金です。文字通り独立で年金を運用する、しかも社保庁のプロ集団が運用してくれるので年金の未来は安泰のはずだった、しかし。実情は人件費に食われてしまった。700人もいて一人一年で平均5000万以上の給与が当然という連中です、仕事もしないで中小企業の社長の何倍もの給与をもらう為に年金基金を作ったのです。AJCの損失で、天下りが、其処に預けたのですが給与はいくら貰ってるそれで損失を補填するのかと民主党が聞きながら釘をさした。民間人だからいくら貰おうが関係ないですね、誘導支払いしないでいいというとんでもない答弁です。
7000万以上貰ってるのです。700人ですよ年間500億は人件費で消えます。
天下り何故公務員はするか公務員では最高が2000万円です、しかし東電の天下り1000人はいますが全部5000万以上です、電気代が高いわけです。

独立行政法人になったから補助金が少なくなったのではなく多くなったのです。しかも迂回で入るのです、しかも直接でも貰ってるのです。

国民は2重取りされています。


PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブログ内検索