忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【退職金の受け取り方】一時金と年金受取の税制

退職する世代が多い昨今、退職金に関する税制を知っておきましょう。

受け取り方次第で大きく「手取り」が変わりますので要注意です。



退職金は会社にもよりますが3択位の会社が多いです


1.全て一時金で貰う
2.半分を一時金、残りを年金で貰う
3.全て年金で貰う


  それぞれ税制が異なる為、手取りに変化が出てしまいます。
  
  それぞれの税制をみてみましょう。


退職所得控除額と公的年金等控除額

 退職所得

  一時金で受け取る場合は大金になりますので
 
  特別控除として「退職所得控除額」が適用されます。

  

計算式
勤続年数20年以下:40万円×勤続年数
勤続年数20年以上:800万+70万×(勤続年数-20年)

  例)仮に勤続30年の場合は800万+(70万×10年)=1,500万

  これが退職所得控除額になりますので1,500万円までは非課税です。

  また、退職所得のメリットとして収入から退職所得控除を差し引いた後

  課税前に1/2をします。

  

具体例
退職金:3,000万 勤続:30年
3,000万-1,500万=1,500万
1,500万×1/2=750万が課税対象になります。

  ですので、退職所得は勤続年数が長いほど非課税で受け取れる可能性が
  あります。
昨今「早期退職制度」などで早めに退職金を受け取る例が増えています。

  退職金は多いのだが、勤続年数が短いと退職所得控除額が少ないため
  手取りが減ることが考えられます。

 

注意
早期退職の退職金は勤続年数により課税が多くなる可能性があります。

年金受取
   一方で年金受取をした場合は特別控除として「公的年金等控除額」が
適用されます。

  公的な年金(基礎年金、厚生年金)を受け取る時に適用される控除ですが
 
  企業年金にも適用されます。


  

計算式

  年金の収入額                  公的年金控除額

                    65歳未満                65歳以上



130万円未満           70万                     120万

130万~330万未満    収入金額×25%+37.5万           120万

330万~410万未満    収入金額×25%+37.5万      収入金額×25%+37.5万

410万~770万未満    収入金額×15%+78.5万      収入金額×15%+78.5万

770万以上          収入金額×5%+155.5万      収入金額×5%+155.5万

 例)企業年金を100万円受け取る

 この際は65歳未満であれば70万円の公的年金控除額がありますので

 100万-70万=30万ですが、基礎控除38万円がありますので、実質課税
されません。


 

注意
企業年金だけでなく公的な年金も受け取る場合にはそれらを合算して
計算を行います。

  具体的には基礎年金78万円、厚生年金120万円、企業年金100万円と
仮定しましょう。
 
  合計で298万円の収入です。

  これに対して65歳未満の場合は

  298万×25%+37.5万=112万の公的年金等控除額があります。


  ですので基礎控除も足すと
  298万-(112万+38万)=148万に対して課税されることになります。


具体的な損益

以上のように一時金で受け取る場合と年金で受け取る場合では

控除額が異なりますので、選択をする際は注意して下さい。



税制的に有利な受け取り方法としては

退職所得控除額まで退職金(一時金)を受け取り

残りを年金で受け取る形が良くとられるケースです。




比較
退職金:1,500万 勤続年数:22年



   ●全額一時金受け取り

    1,500万-940万=560万

    560万×1/2=280万に対して課税





   ●一時金50%・年金50%(10年)

   一時金部分

   750万-940万=課税なし



   年金部分

   75万-(70万+38万)=課税なし

   ※基礎年金と厚生年金は計算に入れていません。





   ●全額年金

   150万-(70万+38万)=毎年42万に対して課税

   65歳以降は控除が120万に増えるので課税なしに。

   ※基礎年金と厚生年金は計算に入れていません。 





   



以上の例では、一時金と年金を半々で受け取ると税金は掛かりませんでした。

受け取り方ひとつで手取りも変わるのが退職金です。

自分にあった有利な退職金の受け取り方を考えて選択しましょう。
PR

ブログ内検索