忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国民年金納付期限延長制度の得する利用法

2国民年金の納付期限が延長される後納制度が24年10月から施行され、その施行に伴い8月から事前受付が開始されています。

年金受給権である25年を満たさないために、高齢任意加入をしている人には朗報です。




ポイント
①特別支給の老齢厚生年金は300月を満たしたときに受給の権利を得る。
②後納制度により、300月に到達したときは、300月を納付した月に受給権を得る
③高齢任意加入によって300月に到達したときは、到達した翌月に受給権を得る
この3点が重要ポイントになります。

例として現在、受給権がなく高齢任意加入しているものが、あと3カ月で300月に到達するとします。
8月、9月、10月を高齢任意加入で 納付した場合、10月で300月に到達しますが、 受給権を得るのは11月になります。




ポイント
平成14年10月以降に未納期間があれば、不足する3カ月分を後納制度で納付することも可能になります。
後納により、不足分を10月以内に納付すれば、10月が受給権発生になります。
同月に300月に到達したにもかかわらず、任意加入での300月と、後納での300月到達では、年金支給開始に1カ月の差が発生します。

特に厚生年金加入月数が多い人は、1カ月の差で数万円の損得が発生してきます。

☆☆受給権10年に短縮成立(施行予定は平成27年10月以降)★★
現在納付月数が9年しかないものでも、後納を利用して1年以上納付すれば10年を超えますので受給の権利を得ることが可能になります・・・・がしかし、後納は3年間の時限付き、10年短縮は後納終了後に施行予定です。

短縮が施行されてからでは、後納はできないので後の祭りにならないように注意が必要です。

いよいよ後納制度開始です。後納納付書が届いた方へ
後納できる全期間を申し込んだかた、届いた納付書の使用期限がすべて25年3月末日になっていることに驚いている方はいませんでしょうか。
今回の申込により作成された納付書は24年度の後納保険料額になり、この使用期限は24年度末日になります。作成しすぎて24年度内に納付しきれなかった納付書は利用できません。納付しきれなかった月は25年度保険料になるため、加算額が増した保険料になるため、25年4月になったら申請し直しとなりますのでご注意を・・・・

なるべく低額な保険料で納付したほうが得なので、頑張って納付しましょう。

また、すでに年金を受給できる月数を満たしている人で65歳に到達する場合は、65歳になったら納付することができなくなりますのでこれも注意を・・・

65歳になるのは、誕生日の前日ですから、納付できるのは誕生日の前々日までとなりますので、これもご注意を。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブログ内検索