忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【基礎年金編】年金を受け取る年齢を操作する

年金は「受給を早める」ことも「遅める」こともできる!

公的年金に基礎年金(国民年金)がありますが

今後受け取る年齢は65歳が原則です。

ここでは1962年生まれ以後の方を対象として記載していきます。




注意
※男性で昭和1961年4月1日生まれ以前
※女性で昭和1966年4月1日生まれ以前
の方は年齢により、受給年齢が早まります。

60歳で定年を迎え、年金は65歳

年金をもらったとしても少ない時代です。

年金の繰り上げ受給と繰り下げ受給を覚えておきましょう!



年金を早く受給する

年金を60歳から受給することができます。

これならば、60歳以降も無収入でなくとも済みますね。



基礎年金の満額は788,900円です。



計算は簡単で下記の計算式で計算します。


ポイント
■計算式
(0.5%×繰り上げる月数)=減額される率

例)62歳から受け取る
0.5%×36ヶ月=18%


基礎年金の満額に上記割合を掛け算します。

788,900円×18%=142,000円←これが一生涯減額されます。



ですので788,900円-142,000円=646,900円が

62歳から受け取ることができます。



参考までに60歳まで繰り上げると552,200円になります。




注意
※一度繰り上げ受給をしますと変更は出来ないので注意!!!

日本年金機構のHPで確認しよう

下記のURLに細かく繰り上げの金額が載っていますので

自身に当てはめて確認してみてください。

http://www.nenkin.go.jp/question/1300/1301/1301.html





年金受給を65歳以降にする(遅らせる)

年金を65歳から受給せず遅らせることができます。

あまり行う人はいませんが紹介しておきます。



基本は先ほどと同じで

基礎年金の満額は788,900円です。



計算は簡単で下記の計算式で計算します。


ポイント
■計算式
(0.7%×繰り下げる月数)=増額される率


例)68歳から受け取る
0.7%×36ヶ月=25.2%


基礎年金の満額に上記割合を掛け算します。

788,900円×25.2%=198,800円←これが一生涯増額されます。



ですので788,900円+198,800円=987,700円が

68歳から受け取ることができます。



参考までに70歳まで繰り下げると1,120,200円になります。





最後に

年金を60歳から受け取れば、早く受給する分、年金年額は減少します。

60歳から約52万もらっても、65歳から約78万普通に受給しても

損益分岐点は概ね76歳程度です。





あとは長生きすればするほど繰り上げない方が得をする

縁起の悪い話ですが、76歳まで生きることはないな・・・と

判断すれば、結果繰り上げ受給した方が多くもらえたことにもなりますが

損得勘定で決めることは難しいでしょう。





公的な年金制度を下支えにしながら、足りない部分を

自分自身で備えていきましょう。



2011年10月12日、年金支給年齢引き上げ検討が本格的に

なってきました。老後の働き方も整備されていない現状ですが

いずれ支給年齢は引き上げられます。

不足する将来の年金に対して、自分自身でも「投資」などを

しっかり学んで活用し、お金に働いてもらう必要があります。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブログ内検索